マナー学

お祝いマナー(招待状の返信)

皆さんは、結婚式(披露宴)や退官パーティー、同期会、OB会などに参加する機会があるかと思いますが、招待状の返信用ハガキを書くときに、自信がなくて誰かに聞いて書いているってことはありませんか?
招待状の返信用ハガキにも書き方や出し方のマナーがあります。
今回は、結婚式の招待状を例にとって説明します。新しい人生のスタートをお祝いする気持ちは、返事からすでに始まっています。

基本マナー

招待状が届いたら早めに返事を出すのがマナーです。
早いほど祝福する気持ちが伝わり、逆に遅れると席次の確定などに影響します。できれば二日中、遅くとも一週間以内に返事を出しましょう。
出欠の返事は口頭ではなく、必ず返信用ハガキを出しましょう。どんなに親しい間柄でも電話やメールだけですませるのはマナー違反です。

ここを守ってね!
返信用ハガキに記入するときは、毛筆か筆ペン、万年筆を使うのが基本です。
水性のボールペンでも黒色なら良いのですが、あまり美しくないのでお薦めはできません。

出席する場合の書き方

出席に○をつけ、続けて「させていただきます」と書く人も多いですが、“人が書いた文字を利用するのはよくない”と嫌う人もいるので、出席に○をした上で、「喜んで出席させていただきます」と改めて書くと良いでしょう。
また、余白にはお祝いの言葉や招待していただいたお礼のひと言を添えると気持ちが伝わります。

【文例】
〈友人の場合〉
ご結婚おめでとうございます。○○さんの花嫁姿、楽しみにしています。

〈職場の上司や同僚の場合〉
ご結婚おめでとうございます。ご招待いただきましてとてもうれしいです。○○さんの美しい花嫁姿、楽しみにしております。

欠席する場合の書き方

お祝いの言葉を述べた上で出席できなくて残念という気持ちを伝えましょう。ただし、欠席の理由を細かく書く必要はありません。

【文例】
〈友人の場合〉
おめでとうございます。ご招待ありがとうございます。どうしても都合がつかず、とても残念です。今度、新居にうかがわせて下さいね。

〈職場の上司や同僚の場合〉
ご結婚おめでとうございます。お招きをいただき、心からお礼申し上げます。残念ではございますが、所用のため欠席させていただきます。お二人の幸せをお祈りしております。

マナー学Q & A

Q:スケジュールが確定できない場合は、とりあえず出席にしておくの?

A:招待状を受け取った時点で、スケジュールが確定できない場合は、まず先方に電話でそのことを伝え、いつまで返事を待ってもらえるかを確認します。期日までにはっきりしない場合は、“欠席”にしておくのが無難です。とりあえず、“出席”にしておくという方法はNGです。