マナー学

お祝いマナー(服装)

招待されて嬉しいけれど、意外と悩んでしまう結婚式などに着ていく服装についてご紹介します。
よく結婚式・披露宴の招待状や、懇親会の招待状などに、「平服でお越し下さい」と服装を指定されている場合がありますが、そもそも平服って何だろう?と思ったことはありませんか?
「平服=普段着」ではなく、「平服=略礼装」で、"礼服でなくても良いですよ"ということを指しています。

「平服」と指定された場合の服装の選び方〈男性編〉

まずは自分にあったサイズを選ぶことです。着こなし以前にこれが一番重要です。
一般的にはダークスーツ、シャツ、ネクタイそして小物などで雰囲気を演出すると良いでしょう。シャツはおしゃれなデザインやカラーシャツ、ネクタイも華やかな色で構いません。
シャツの上のボタンを開け、きれいな色のスカーフを巻くのも良いでしょう。スカーフは女性がするものという意識が強いですが、本来男性のアイテムです。“男の色気”を醸し出すことができると、最近は人気が出ています。
あとは、靴も目に付くものなので磨いておきましょう。

「平服」と指定された場合の服装の選び方〈女性編〉

スーツ、パンツスーツ、あまり肌を露出しないワンピースなど、あらたまった感じの外出着で出席するのが一般的です。
スーツでもワンピースでも、遊び心のあるアクセサリーなどを取り入れておしゃれに演出しましょう。
最近はブラックフォーマルの出席者も多いようですが、華やかなイメージになるよう小物を工夫すると良いでしょう。

要注意!!

平服は、自由な着こなしで制約がありませんが、普段着や行き過ぎたファッションにはならないようにして下さい。「披露宴にジーパンを履いた人がいた!」という目撃談がありますので、気を付けて下さい。
パーティーシーンが多様化していますが、大切なのは「場」にあわせることです。ホテルなのか?レストランなのか?また、ゲストにはどんな人が参列しているのか?そして、自分と主催者との関係も重要な要素となります。
ほかのゲストに対しても失礼やマナー違反とならないように、基本を押さえてあなた自身のセンスでおしゃれを楽しんで下さい。