写真の撮り方

第1回 カメラの種類

今月号から、「失敗しない!写真の撮り方」の連載がスタートします。

知っているとちょっと役立つ情報やコツなどお伝えしていきます。

カメラの種類

いい写真を撮りたい!と思ったときに、
「まずどんなカメラを選んだらいいかわからない」と思ったことはありませんか?
カメラの種類には主に「フィルムカメラ」と「デジタルカメラ」があります。
今ではほとんどデジタルカメラが主流になっています。撮りたい写真のイメージや、
「手の収まり具合」「手触り」「デザイン」などから、自分にぴったりのカメラを選んで
みてください。

フィルムカメラ

●フィルム一眼レフ
レンズ交換可能。フィルム独特の味わいを楽しみたい人に。クラシカルなデザインが人気。

●コンパクトフィルム
手軽にフィルム独特の味わいを楽しみたい人に。

●インスタントフィルム
「ポラロイド」と呼ばれることが多い。その場でプリントされるのが魅力。

●トイフィルム
オモチャのようなカメラ。歪みやボケ、現実離れした色彩など思わぬ写真、味のある写真が撮れることが人気。

デジタルカメラ

●デジタル一眼レフ
レンズ交換可能。レンズを通して入ってくる像がファインダーで直接確認でき、一枚ずつ細かい設定ができる。

●ミラーレス一眼
レンズ交換可能。一眼レフからミラーを省いた構造のためコンパクト。

●コンパクトデジタル
いま最も普及している形。手軽にきれいな写真が撮れるのが魅力。

●トイデジタル
トイフィルムのデジタル版。チープで味のある写真が気軽に楽しめる。