週刊SOYOUマガジン


そ~ゆ~コラム


【第18回 疲れ知らず!? 男の食べるタイミング】

更新日:2016年11月11日(金)

食べるタイミングには気を付けて!


こんにちは、グチ山です。
年末にかけて、イベントや仕事で忙しくなりがち。 気合で乗り切ってやる〜と思っていても、休日が来るたびに夕方まで爆睡してしまったり。

...もったいないっっ!!

特別なコトはちょっと面倒だけど、何とか疲れを取る方法はないかと思案していたところ、疲れを溜めない食べ方を発見! 
キーワードは今話題の【時計遺伝子】。

食べ物の消化に関わる「肝臓」「胃」「膵臓」「腎臓」は、 活発に動いている時間帯がそれぞれに異なるそう。 
内臓が活発に活動するタイミングに合わせて食べることで、疲れにくいカラダを作るというものです。

その方法がコレ!

【朝】肝臓が活動開始!
肝臓の活動が徐々に高まる朝は、たんぱく質やビタミン類をしっかりと取り入れることがポイント。刺激の強い食べ物は避けて、卵、納豆、野菜、フルーツを中心に!

【昼】肝臓&胃の活動がピークに!
パスタ、うどん、ごはんなど、糖質の多い炭水化物を食べて、元気に活動するためのエネルギーを補給。ちなみに、ダイエット中でもこの時間の糖質なら大丈夫。

【15時】膵臓の働きがピークに!
糖質を分解する膵臓が頑張っている時間は、甘いスイーツを食べるのにぴったり。昔からおやつは3時と言われていますが、理にかなっていたのですね〜。あ、ダイエット中の人は食べるのを控えた方がベターです。

【夕方】腎臓の動きがピークに!
腎臓は血液を浄化する役割があるそう。そんな時にはここぞとばかりに野菜をたっぷりと食べてカラダをデトックスしちゃいましょう。

【21時以降】肝臓&膵臓がお休みへzzz
肝臓&膵臓がお休みに入ると、消化するパワーが一気にダウン。消化にパワーを要する甘いもの、炭水化物、お酒は控えるのがベター。

そして、特に気をつけたいのは22時以降。夜遅くに食べると寝ている間にも内臓が消化をしようとするので、内臓の疲れがとれず翌朝もグッタリ。ぽっこりお腹の原因にもなってしまいます。

男なら、ここぞという場面でもタフなボディ&精神でいたいもの。
簡単にできるタイミング食で、疲れを一気に吹き飛ばせ!!!



【ワンランク上の男磨き術 過去の記事】

>> 第18回 疲れ知らず!? 男の食べるタイミング

>> 第17回 磨け、男の肌!

>> 第16回 クサッ!を防ぐ食べ物

>> 第15回 男の○○に効く 食べ物!

>> 第14回 1・2・3・ワイン通ダァーー!!

>> 第13回「空耳英語で、できるオトコを気取れ!」

>> 第12回「できるオトコ? グチ山のお中元!」

>> 第11回「目指せモテ男! 歓送迎会での悪酔い・二日酔い対策!」

>> 第10回「もうすぐクリスマスだっていうのに金欠。どうするオレ!?」

>> 第9回 季節の変わり目!秋のモテ服編

>> 第8回 ポニーテールの日って知ってる?

>> 第7回 出逢いの季節! オシャレデビュー編

>> 第6回 バレンタインデー直前 あの娘のチョコをゲット!?

>> 第5回 餅の食い過ぎ!?正月太り解消法!

>> 第4回 乙女心を奪取せよ!クリスマスの過ごし方

>> 第3回 今日から始める軽快スピーチ術

>> 第2回 完全無欠なイケメンの定義

>> 第1回 所変われば違う、世界各国のモテ事情


▲ページトップへ

※携帯サイトは別途パケット料金が発生します。

>> 週刊SOYOUマガジン TOP
>> 発見!こんなスポーツ調査隊 TOP
>> スポーツ調査隊編集後記 TOP
>> 自衛隊あるある TOP
>> おいしいものがたべ隊♪ TOP
>> たべ隊♪ 編集後記 TOP
>> そ~ゆ~突撃隊! TOP
>> そ~ゆ~コラム TOP
>> そ~ゆ~プレゼント TOP
>> 週刊SOYOUマガジンについて
>> プライバシーポリシー

>> SO YOU TOPへ戻る

(c)曹友連合会 ALL RIGHT RESERVED.