メッセージ・活動報告

第3回 新年の挨拶

会員・会員家族の皆さま、あけましておめでとうございます。
休暇はいかがお過ごしでしょうか? 普段の疲れを癒し、家族サービス等は出来ていますか? 私は、久々に北海道に帰り、家族サービスと雪かきに日々追われています。
昨年も一昨年に続き、コロナ禍の影響を受け、様々な制限により我慢を強いられることが多い年でした。
今年は、会誌でも紹介しましたが、干支が「壬寅」の年です。壬寅の年は、「陽気を孕み、春の胎動を助く」といわれています。冬が厳しいほど、春の芽吹きは生命力に溢れ、華々しく生まれる年になるという意味があり、まさに今の曹友会にぴったりの年だと思います。
コロナウイルスの影響も少しずつ落ち着き始め、回復の兆しも見え隠れしているところではありますが、昨年、一昨年と思うような活動ができなかった分、今年は、感染予防に留意しながら存分に会活動を楽しんでいただきたいと思います。
令和4年も会員・役員の皆さまと一緒に頑張っていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願い致します。

曹友連合会会長 黒木美次