メッセージ・活動報告

第9回 第54回曹友連合会代表評議会について

令和3年4月20日(火)オンラインを活用し、第54回曹友連合会代表評議会を開催しました。
主な内容は、令和2年度の決算報告および方面活動成果報告、そして令和3年度の会誌刊行事業等の説明でした。特に方面の活動成果報告は、コロナ禍でもそれぞれ各駐屯地が創意工夫により活動を継続している状況が情報共有されました。

中でもコロナ禍だからこそ生まれた新たな発想で、関心を集めた活動を紹介します。

【不用品譲渡市(会員の参集を要しない活動)】
会員から不用(使わない)品を預かり、希望する会員に無料で譲渡

【駐屯地活性化作戦(駐屯地内オリエンテーリング)】
外出等に制約がある営内者に対し、コンパス行進による駐屯地内オリエンテーリングを実施
会員のスキルアップを目的にCSMが企画、駐屯地曹友会が優秀者に対する景品を協賛

【オンラインによるふれあい・婚活パーティー(企業との連携)】
企業の協力を得てスマートフォンのビデオ通話機能を活用して実施


また、4月の役員交代で3名の代表評議員(各方面曹友会長)が変わり、今回より新体制での開催となりました。
東北方面曹友会長 准尉 村本 義治
東部方面曹友会長 曹長 丸  哲也
西部方面曹友会長 曹長 猪﨑 克巳

曹友連合会会長 中村 隆